基本操作を身に付ける

elementary OS のデスクトップや、ウィンドウ・ワークスペース間を切り替える方法などについて知りましょう。

デスクトップ

elementary OS のデスクトップは、パネルとドック、2つの要素から成り立っています。デスクトップを副クリック (マウスで副ボタンクリックするか、タッチパッドを2本指でタップ) すると、デスクトップの壁紙をカスタマイズできます。デスクトップの外観と挙動は“システム設定”デスクトップでも変更できます。

パネル

デスクトップ上部にあるのはパネルです。左側にはアプリケーションメニュー、中央には日付と時刻、そして右側にはシステムインジケーターが表示されています。

  1. アプリケーションメニュー
  2. 日付と時刻
  3. システムインジケーター
パネル

アプリケーションメニュー

インストール済みのアプリを開いたり検索したりするには、パネル上のアプリケーションを選択します。マウスのスクロール、タッチパッドの2本指スワイプ、およびメニュー下部のドットで、表示するページを切り替えられます。メニュー上部のビュースイッチャーを使用すると、アプリをグリッド表示するかカテゴリー表示するかを変更することもできます。

アプリケーションメニュー

アプリケーションメニューで入力を開始して、アプリを名前かキーワードで検索できます。検索を行うと、アプリのアクションと“システム設定”の項目も表示されます。例えば以下の操作が可能です。

キーボードでアプリケーションメニューを開くには、スペースキーを押してください。

日付と時刻

パネルの中央部にある日付と時刻インジケーターには、現在の日付と時刻が表示されます。表示されている日付や時刻をクリックまたはタップすると、カレンダーと今後の予定が表示されます。日付をダブルクリックするか予定を選択すると、予定を“カレンダー”アプリで表示します。

システムインジケーター

パネル右側にあるシステムインジケーターには、ネットワーク接続、バッテリー残量、音声入出力、通知など、デバイスの状態が表示されます。インジケーターを選択すると、詳細情報と関連するアクションが表示されます。

マウスカーソルでインジケーターをホバーすると、簡易情報とショートカットアクションを表示します。ショートカットアクションとは、中クリックや3本指タップ実行できる、以下のような操作のことです。

ドック

デスクトップ下部にあるのはドックです。お気に入りのアプリや現在起動しているアプリに素早くアクセスできます。

ドック

ドックにアプリを追加するには、アプリケーションメニューからアプリをドラッグアンドドロップするか、起動しているアプリのアイコンを副クリックしてドックに追加を選択します。ドックからアプリを削除するには、アプリのアイコンをドラッグしてデスクトップ上の何もないところにドロップするか、アイコンを副クリックしてドックに追加のチェックを外します。アイコンをドック上でドラッグアンドドロップすると、順番の並び替えができます。

デフォルトでは、アプリが最大化されたりドックに重なったりすると、ドックはデスクトップの下部に隠れるようになっています。ドックが表示されていない場合にドックを表示し使用したい場合は、デスクトップの下部中央にマウスカーソルを動かしてください。

ドックの大きさと挙動は、“システム設定”デスクトップドックとパネルでカスタマイズできます。

アプリのウィンドウ

アプリを開くと、デスクトップにそのウィンドウが表示されます。各アプリのデザインは正確には同じではない場合がありますが、一般にアプリのウィンドウは閉じたり、移動させたり、サイズを変更させたり、最大化させたりできます。

ヘッダーバー

アプリには大抵、ウィンドウ上部にヘッダーバーがあります。ヘッダーバーにはウィンドウのボタンと、アプリのアクションやナビゲーション操作が可能なボタンが用意されています。

ヘッダーバーをドラッグするか、AltF7 を押してマウスカーソルを動かすことで、ウィンドウを移動できます。

ヘッダーバー

ヘッダーバーを副クリックすると、ウィンドウとワークスペースに関連する操作に素早くアクセスできます。

ウィンドウのボタン

アプリのウィンドウボタンは、アプリのウィンドウ上部両端に配置されています。左端が閉じるボタンで、右端が最大化ボタンです (アプリが対応している場合のみ表示されます)。ウィンドウを閉じると、アプリも終了します。閉じたアプリは、アプリケーションメニューまたはドックから再度起動できます。ウィンドウを最大化すると、パネルとドックの部分を残したデスクトップの領域にフィットするよう、ウィンドウの大きさが変更されます。

ウィンドウをデスクトップ上部にドラッグするか、ヘッダーバーをダブルクリックすることでもウィンドウを最大化できます。また、最大化したウィンドウをデスクトップ上部からドラッグするか、ヘッダーバーをダブルクリックすることでもウィンドウの最大化を解除できます。

大きさの変更

アプリのウィンドウは多くの場合、ウィンドウの端をドラッグすることで大きさを変更できます。ウィンドウのヘッダーバーを副クリックしてサイズの変更を選択するか、AltF8キーを押すことでも、ウィンドウのサイズを変更できます。ウィンドウのサイズを変更したい方向に向かってマウスカーソルを移動させてください。

マルチタスク

elementary OS では、ウィンドウとワークスペース、両方のマルチタスク方法を使用しています。

ウィンドウ

アプリのウィンドウはデスクトップ上に表示され、自由に移動させられます。開いているウィンドウを切り替えるには、いくつかの方法があります:

ワークスペース

デフォルトで、アプリのウィンドウは現在表示しているワークスペースに開かれます。しかし、複数のワークスペースを使用することでワークフローを整理できます:

ワークスペース

左や右のワークスペースに移動するには、 キーおよび キーを押すか、3本指でタッチパッドやタッチスクリーンをスワイプします。

1 から 9 キーを押すと、特定のワークスペースに瞬時に移動できます。0 キーを押すと、新しいワークスペースに瞬時に移動できます。

ウィンドウを別のワークスペースに移動するには、“マルチタスク画面”でドラッグするか、Alt or キーを押してください。

これらのショートカットキーは、“システム設定”キーボードショートカットワークスペースで変更できます。

一部のウィンドウは、新しいワークスペースで全画面表示になることがあります。通常通りワークスペース間を移動でき、アプリを閉じたり全画面表示を解除したりすることで、以前のワークスペースに戻ります。

マルチタスク画面

マルチタスク画面

“マルチタスク画面”では、すべてのウィンドウとワークスペースを表示したり、切り替えたりできます。これを開くには、ドックの“マルチタスク画面”をクリックするか、を押すか、タッチパッドやタッチスクリーンを3本指で上にスワイプしてください。

ジェスチャー

タッチパッドやタッチスクリーンなどの対応するハードウェアがある場合、elementary OS はマルチタッチジェスチャーに対応します。デフォルトでは、3本指で左右にスワイプするとワークスペースを切り替えることができ、3本指で上にスワイプすると“マルチタスク画面”を表示できます。

ジェスチャーの設定は、“システム設定”マウスとタッチパッドジェスチャーで変更できます。

ホットコーナー

ホットコーナーとは、プライマリーディスプレイの角にカーソルを移動することで起動するショートカット機能のことです。ウィンドウオーバービューやワークスペースオーバービューなどのマルチタスク機能を起動させるなど、好みのホットコーナーを設定できます。

ホットコーナーは、“システム設定”デスクトップマルチタスクでカスタマイズできます。

マルチディスプレイ

パネルとドックとワークスペースはプライマリーディスプレイに表示されます。それ以外の外部ディスプレイは独立したワークスペースとして動作します。ディスプレイを管理したり配置を変更したりするには、“システム設定”ディスプレイを開いてください。プライマリーディスプレイは黒塗りの星 () 付きで表示され、各ディスプレイの設定は メニューから変更できます。

アプリのインストール

elementary OS には AppCenter が搭載されています。AppCenter は、支払えるだけ支払う方式 (pay-what-you-can) でオープンソースのアプリを入手可能な、個人開発者向けのアプリストアです。新しくアプリをインストールするには、以下の操作を行ってください:

  1. AppCenter を開きます
  2. 上部右端からアプリを検索するか、カテゴリーを選んでブラウズします
  3. インストールしたいアプリの隣にある無料か、提案された価格を選択します。別の価格を選択するには、 ボタンを選択して、お好きな価格を選択または入力してください。

AppCenter を経由しないアプリのインストール

一部のサードーパーティー製ソフトウェアは AppCenter では入手できないことがあります。アプリがクロスプラットフォームで開発されていて、elementary OS 向けにデザインされていない場合などです。こういった場合、Flathub などサードパーティーの提供元から入手した Flatpak アプリを、AppCenter を経由せずにインストールできます。.flatpakref または .flatpak ファイルをダウンロードし開くと、“Sideload”ユーティリティーがアプリをインストールしてくれます。インストールしたアプリのアップデートと、そのアプリと同じ提供元のアプリが、キュレーションされていないアプリとして AppCenter に表示される可能性があります。

AppCenter を経由せずにインストールしたアプリとキュレーションされていないアプリは、elementary によるセキュリティーやプライバシーの審査が行われていないことに注意してください。

アップデート

AppCenter は、インストール済みタブに、アプリとオペレーティングシステム自身のアップデートを表示します。最新の機能、修正、セキュリティーの改善を享受するために、頻繁にアップデートをインストールするようにしてください。セキュリティーパッチに関する詳しい情報は、Ubuntu security notices をお読みください。

システム設定

elementary OS には、“システム設定”という、デバイスの設定やユーザー設定の管理に便利なアプリが搭載されています。“システム設定”では、キーボードショートカットやディスプレイ解像度、壁紙などを変更できます。

システム設定

ウィンドウの最上部にある検索バーに入力することで、特定の設定項目を検索できます。

アプリの設定

“システム設定”では、システム全体の設定とユーザー設定のみが変更可能です。アプリに設定項目が存在する場合、その設定項目はアプリ内に表示されます。

キーボードショートカット

elementary OS のキーボードショートカットは、ホバー時に表示されるツールチップや、副クリックすると表示されるコンテキストメニューに表示されていることが多いです。

キーボードショートカットの一覧を表示するには、 キーを押してください。

キーボードショートカット

キーボードショートカットは、“ショートカットオーバーレイ”の メニュー、および システム設定キーボードショートカット から変更可能です.